オークションで出会う物は一期一会

もしも、オークションで「これは!」という自分が欲しいレア物を見つけたならば、すぐに入札するべきだと私は思っています。四文字熟語に一期一会という言葉がありますが、オークションで見かけたレア物というのは、まさにその一期一会だと私は思います。

誰でも経験があることでしょうが、オークションで少し高いレア物を見つけたとき、もう少し安い値段で入札したいという感情が芽生えてそのレア物を見送ったら、見送った後にはもう一切出品されることがなかったということがあります。オークション 代行

オークションでのそんな経験こそがまさに一期一会という言葉を端的に言い表しており、オークションで出会う物がどれだけ貴重であるかということがわかります。確かに、値段が釣り上がってしまうと「値段が釣り上がるほど価値があるのかな?」と不安に思ってしまいますが、オークションですから多少の値上がりは覚悟しなければいけないことです。

ですから、オークションでは値段の釣り上がりを心配するよりも、オークションでしか手に入らないというその希少性を重視すべきだと私は思っています。

車をオークションで売買する場合


最近、インターネットオークションで中古車を売買する人が増えてきています。

これは、中古車販売店が利用する中古車オークションとは、全く別ルートです。

もちろん、個人間でオークションを使い、中古車を売買することは、何ら違法性はありません。

しかし、それには色々と気をつけないといけないことがあります。



まずは、様々な手続きです。
自動車というのは財産です。

財産には名義人というのが存在をし、もちろん車にも名義人が存在をします。
車の売買をするということは、名義変更をしなければならないということなのです。

その際、名義変更の手続きをどちらがするのかということを、はっきりとさせておきましょう。
オークションで車を購入する場合、通常は落札者が手続きをすることとなっています。

しかし、出品者が近くに住んでいる場合には、出品者が行うこともあります。
そして、車そのものについても注意です。

画面でしか様子を確認できませんので、試乗はできません。
市場ができない文、車の状態についてはしつこいくらい質問をすべきです。
走行距離や乗ったときの感じなどです。

little 銀座

サブコンテンツ

このページの先頭へ